採用情報RECRUIT

先輩社員の声vol.2

清水 和也(工務部)

小さい仕事を任されたことに
やりがいを感じます

900x shimizu1

入社を決めた理由は?

高校で求人票を見たのがきっかけです。会社の行事が多く、楽しそうだなと思い惹かれました。それと、当時バスケに入っていたため体を動かすことが好きなので、事務系より現場がいいと思っていました。

仕事内容を教えてください。

調査ボーリングという土質を調べる仕事をしています。例えば、地滑りしそうな場所を調査ボーリングで調べます。またボーリングして穴を掘り、そのコアをもとに建物を建てたりもします。工務部は、例えば道路工事をする際、設計をする前に土質を調べて、その調査結果を他部門へ引き渡します。

今は、地すべり対策工という仕事を行っています。主に山に溜まっている水をパーカッションという機械で、水を抜いていきます。

やりがいを教えてください。

調査ボーリングをしている時、土質が岩に変わったときです。詳しく言うと、土を掘ると、徐々に土質が固くなっていき、色も黒色から茶色に変わり、灰色になったときに岩に到達します。その瞬間に作業が終わるので完了してホッとするのです。

工務部の上司は、普段はサバサバしていて優しい人が多いですが、現場では厳しいです。その中、小さい仕事を任されたことにやりがいを感じます。

会社の良いところは?

会社の行事が多いところです。社員旅行や釣り大会、3on3のバスケットの大会などがあります。釣り大会は隠岐であります。金曜からフェリーで隠岐に行き、土曜の朝から15時くらいまで釣りをします。3on3のバスケットの大会は1年に1回大会があります。会社が主催となり、家族や地元の高校生など地域の人たちも参加します。今まで2回出ましたが、どちらも準優勝。次は優勝できるように頑張ります!

目標を教えてください。

調査ボーリングとパーカッションのオペレーターになることです。普段はオペレーターと助手とで作業をして、今は助手を努めています。助手はとても重労働(笑)。早くオペレーターになって指示できる立場になりたいです。そのために、技術系の資格を取得しようと勉強しています。

900x shimizu2